Reform Plan

リフォーム事例

  

    

    

    

ポイント

    

遮熱・断熱効果のある材料・塗料を採用すると、暖房費やメンテナンスコストが節約でき、トータルコストを抑えることができる場合があります。
屋根断熱を施すことにより、屋根裏やロフトスペースが夏でも快適になり、有効生活面積を増やすこともできます。
足場をかける費用がかかるので、外壁のメンテナンス時期も近いようなら、一緒にリフォームするのが良いでしょう。
 

  

 

 

    

    

ポイント

    

遮熱・断熱効果のある材料・塗料を採用すると、暖房費やメンテナンスコストが節約でき、トータルコストを抑えることができる場合があります。
外壁のメンテナンスサイクルは平均5〜10年程度ですが、耐久性の高い材料を採用するとそのサイクルを延ばすことができます。
足場をかける費用がかかるので、屋根のメンテナンス時期も近いようなら、一緒にリフォームするのが良いでしょう。
代表的な外壁材としては、耐震性や防耐火性に優れいている窯業系(ようぎょうけい)サイディングがあります。窯業系サイディング材とはセメント系材料に繊維質系の材料を混ぜることで、軽いながらも強度をもった外壁材です。
他の外壁材に比べて、施工の簡易さ(工期の短さ)が特徴で、レンガ・タイル調や木目調など、多種多様な種類もあることで最近人気の外壁材となっています。
 

  

    

    

    

ポイント

    

キッチンや台所は、家庭内で最も作業の時間が長いスペースですから、見栄えやコストだけで判断せず、利用者の生活導線を第一に考えましょう。
リフォーム前の現地調査時に、実際にキッチンに立って、利用スタイルを伝えましょう。的確な提案をもらうためにも重要です。
特定の税品やメーカーにこだわらない場合は、希望する「機能」を伝えるに留め、提案をもらいましょう。
浴室や浴槽が断熱仕様のものを選ぶと、お風呂場が快適になるだけでなく、追炊きコストを節約できる場合があります。